スポンサーリンク

CX-60(ディーゼルエンジン)の燃費は「CX-3と同じレベルを目指している」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第4弾「CX-60」

ディーゼルエンジンは「CX-3」と同じレベルを目指しているそうです。

情報元:マツダが考える“高級車”とは? 新型CX-60試乗記 | GQ JAPAN

情報元は「GQ JAPAN」です。
こちらでは、国内で開催された「CX-60 先行試乗会」での試乗記が掲載されています。そのなかに一文に気になる内容が書いてありました。

たとえば、SKYACTIV第1世代の1.8リッター・ディーゼルエンジンを積む「CX-3」の燃費は19km/L、同世代の2.2リッター・ディーゼルエンジンを積む「CX-5」の燃費は16.6km/Lだったが、SKYACTIV第2世代の3.3リッター・ディーゼルエンジンを積むCX-60の燃費は、現時点では未公表ながらCX-3と同じレベルを目指しているという(いずれもWLTCモード燃費)。これは車重がCX-3の1370kgに対してCX-60では1900kg前後と見込まれているのを考えれば、驚異的な低燃費といえるだろう。

引用元:マツダが考える“高級車”とは? 新型CX-60試乗記 | GQ JAPAN

CX-3と同じレベルのWLTC燃費を目指しているようです。
これが実現できれば凄いことですよねぇ。

CX-3のディーゼルエンジンの燃費は以下の通り。

km/L CX-3 XD
WLTCモード燃費 20.0
市街地 16.8
郊外 20.0
高速道路 22.2

CX-5よりもサイズが大きいにもかかわらず、非常に実用的な燃費となります。これはとても興味深い。さらに燃料が軽油ということで、今に時代ではとてもお財布に優しいクルマとなりそうです。

実際に実現できるかはわかりませんが、これは大いに期待したいところですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました