スポンサーリンク

マツダドイツが「CX-60 e-SKYACTIV D」を正式発表、2023年1月出荷開始で8月末から先行販売

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」

欧州でも「e-SKYACTIV D」が正式発表されました。

情報元:Neuer Reihensechszylinder-Dieselmotor für den Mazda CX-60: beindruckende Effizienz, dynamische Fahrleistungen und hohe Reichweite

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 新開発の6気筒3.3Lディーゼルエンジン「e-SKYACTIV D」と8速ATの組み合わせで提供予定
  • 2023年1月に出荷開始
  • 8月末から先行販売を開始
  • DCPCIと呼ばれる燃焼プロセスを実現し、さらに「M HYBRID BOOST」を搭載
  • 3,283 ccの縦置き直列6気筒エンジンは、2つの出力レベルで利用可能
  • 後輪駆動と組み合わせた147 kW / 200 hpと、AWDと組み合わせた187kW /254hp
  • 187 kW / 254hpと550Nmの最大トルクを備えたより強力な全輪駆動のバリエーションは、わずか7.4秒で0から100km/ hに加速し、最高速度219km/hを可能
  • WLTP消費量はわずか5.3l/ 100 km、CO2排出量はわずか137g / km
  • 147 kW / 200 hpを供給し、リアアクスルに450 Nmの最大トルクを供給するエントリーレベルのバリアントのWLTP消費量は4.9 l /100km
  • CO2排出量は127でg/kmに相当

ついに欧州でもCX-60に「ディーゼルエンジン」が登場しました。直6の3.3Lディーゼルエンジン(M HYBRID BOOST搭載)ですが、欧州ではAWDだけでなく「後輪駆動」も選択可能となっているのが特徴的ですねぇ。

欧州ではディーゼルエンジンは下火となっているそうですが、どれだけ巻き返するのか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました