スポンサーリンク

マツダが海外で「テールゲートの2段モーター」の特許を出願しているそうです

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダが海外で「テールゲートの2段モーター」の特許を出願しているそうです。

情報元:Mazda’s New Tailgate Design Fixes One Major Problem | CarBuzz

情報元は「CARBUZZ」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダがUSPTO(米国特許商標庁)に「テールゲートの2段モーター」を特許出願していたことを発見した
  • この特許は車両キーの距離によってテールゲートの開閉速度を決定するというもの
  • 通常、トランクリッドは平均11.8〜15.7インチ/秒で開閉、ユーザーが一歩後退すると、テールゲートの開閉速度は17.7〜21.6インチ/秒になる

マツダがテールゲートに関する特許を出願していたそうです。テールゲートの開閉速度が変化するということらしいですが、そういえばCX-60でこの技術が採用されていました。
CX-60のパワーリフトゲートは「開き始めと開き切りの動き」と「作動音」が進化している

マツダはテールゲートの開閉速度にもこだわっているようです。これがどのような便利さを生むのかは実際使用してみないと分かりません。ただ安全性は高くなりそうな感じがしますねぇ。

今後、他のモデルにもこの技術が採用されるのか注目です。

タイトルとURLをコピーしました