スポンサーリンク

CX-60の「2つのデザイン」をグレード一覧でみてみる

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」

2つのエクステリアデザインをグレード一覧でみてみます。

情報元:MAZDA CX-60|グレード・価格 – ラインナップ|マツダ

情報元は、マツダ公式ページです。
CX-60には2つの異なるエクステリアデザインが用意されているんですが、どのような法則性でエクステリアデザインが使用されているのかちょっと戸惑う時があります。

というわけで、国内仕様のグレード一覧を作成してみました。

画像引用元::MAZDA CX-60|グレード・価格 – ラインナップ|マツダ

基本的には「純粋な内燃機関」と「電動化された内燃機関」という感じで分けられているようです。ただ例外として「PHEV S Package」に関しては「純粋な内燃機関」で使用しているデザインが採用されていました。

電動化されているかされていないかで分けてあるのは分かりやすいんですが、PHEVだけはちょっと分かり辛い構図となっています。

CX-60のグレード構成といい、かなり複雑になりましたねぇ。

タイトルとURLをコピーしました