スポンサーリンク

オーストラリアに「e-SKYACTIV X 3.0」を投入する計画はない

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの新世代ラージ商品第1弾「CX-60」

オーストラリアでは「e-SKYACTIV X 3.0」を投入する計画はないそうです。

情報元:2023 Mazda CX-60: Initial details for Australia; petrol-six outputs revealed

情報元は「wheels」です。
こちらでは、CX-60のオーストラリア仕様の詳細についての記事が掲載されているんですが、その中に、マツダオーストラリアが以下のように述べていたそうです。

Mazda Australia has confirmed there are “no plans” to offer the latter engine, branded e-Skyactiv X, here.

[機械訳]
マツダオーストラリアは、e-Skyactiv Xと名付けられた後者のエンジンを、オーストラリアで販売する予定はないことを確認しています。

引用元:2023 Mazda CX-60: Initial details for Australia; petrol-six outputs revealed

どうやら欧州で投入予定である「e-SKYACTIV X 3.0」に関しては、オーストラリアでは投入予定はないそうです。代わりに「e-SKYACTIV G 3.3」を導入することを発表しています。

マツダオーストラリアがCX-60に「高出力ターボチャージャー付3.3Lガソリンエンジン」を採用することを発表しました

これは興味深いですね。
ターボチャージャー付3.3Lガソリンエンジンの「右ハンドル仕様」が確定したということは、日本でも採用される可能性は高くなってきました。

2023年には日本でも直6ガソリンエンジン搭載モデルが出てきそうなので、マツダの公式発表が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました