スポンサーリンク

ドイツで2006年以来の実績達成、「CX-3」「CX-5」がけん引

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」
ドイツでは大人気のようです。
今回はドイツの2019年販売実績についてです。

情報元:Rekordjahr für Mazda: Fast 72.000 Neuzulassungen im deutschen Pkw-Markt

情報元は、マツダドイツのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 7年連続で登録数増加
  • 2019年は、2006年来の最高の販売実績
  • 約440の販売店で71,630の新規登録
  • 結果として2%の市場シェアを獲得
  • 2019年のモデルリーダーは「CX-3」「CX-5」

2019年のドイツの販売実績が判明したみたいです。
クロスオーバーSUVが人気なのは世界的な流れですが、その中でも「CX-3」が人気なのは凄いですねぇ。
ドイツでの新規登録数は以下のとおり。

モデル 2019年登録数
MAZDA2 9,910
MAZDA3 9,931
MAZDA6 6,083
CX-3 19,054
CX-30 3,305
CX-5 19,135
MX-5 4,202
10
合計 71,630

「CX-3」と「CX-5」が圧倒的ですね。
それと「MAZDA2」もなかなかの人気があるようです。
ドイツはコンパクトモデルが好まれるんですねぇ。

2020年は、マツダの電気自動車「MX-30」が投入されます。このモデルがどう影響するのか気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました