スポンサーリンク

マツダ、2019年ポーランドでも売上好調&SKYACTIV-Xの販売比率など

マツダ関連

2019年、マツダは欧州で好調でした。
今回は「ポーランド」についてです。

情報元:Rekordowa sprzedaż, spektakularne premiery i prestiżowe nagrody – Mazda Motor Poland podsumowuje 2019 rok

情報元は、マツダポーランドのニュースリリースです。
こちらには、2019年におけるポーランド市場での売り上げについてが書かれれています。
内容は以下の通り。

  • 15,670台導入し、ポーランドで過去最高の実績
  • 昨年より24.6%の増加
  • 30周年記念ロードスターは47台がオーナーの手に
  • 最も人気カラーは「ソウルレッドクリスタル」で37%
  • 他に人気があるのは「スノーフレイクパール」と「マシーングレー」
  • MAZDA3に「SKYACTIV-G 150馬力バージョン」が登場し、今後「122馬力」が置き換わると予想される
  • MAZDA3でMTを選択したが多い

ポーランドでは過去最高の売上のようです。
特に注目すべきは「CX-3」です。
4,903台が登録されており、2018年と比較すると51%以上の増加を記録したそうです。それに続いて「CX-5」が3,570台となっており、大体の顧客がSUVを選択しているそうです。また、MX-5(日本名:ロードスター)に関しても44%の売り上げ増加したと書かれていました。
欧州では本当にCX-3は人気ですねぇ。

また、ボディカラーは「ソウルレッドクリスタル」を選択する人が約3割と相変わらずの人気カラーとなっています。

新型MAZDA3に関しては、SKYACTIV-G「150馬力」バージョンが登場しました。今後は、122馬力バージョンが置き換わるのかもしれません。
「馬力が足りない」という要望が多かったのでしょうか?

次に「SKYACTIV-X」の比率について。
新世代エンジンを搭載している「MAZDA3」と「CX-30」の販売された車両で、約32%がSKYACTIV-Xを選択しているそうです。
なかなかの比率ですねぇ。

以上です。
ポーランドでも好調ですねぇ。
そして、多くの人が「SKYACTIV-X」を選択しています。
日本でもこれくらい浸透すると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました