スポンサーリンク

「CX-30」のルーフボックスと「MX-30」のオランダお披露目会について

マツダ関連

マツダの新世代商品群「CX-30」と「MX-30」

今回は、オランダでの個人的に気になったことについてです。

まずは「CX-30」のルーフボックスについてです。
意外とルーフにボックスを装着している実車の写真は見たことがありませんでした(自転車はオートサロンで展示されていました)
そんなルーフボックスを装着している「CX-30」が、オランダのマツダ車販売店のFacebookアカウントの動画に映っていました。

マツダ創立100周年を祝うケーキ、美味しそうですねぇ。100周年ロゴもしっかりとケーキに描かれており拘っています。
そんなお祝いムードの後ろにチラッと映っていました。
この角度から見ると、CX-30の樹脂部分のワイルドさが強調されており、さらにルーフボックスが装着されていることでオフロード感もでているので、よりワイルドに見えますねぇ。
似合っています。
最近は「美しさ」や「上質さ」などが取り上げれることが多い中で、こういった違った一面をみせてくれるのは嬉しいですねぇ。

次に「MX-30」のお披露目会についてです。
以前、オランダでお披露目会が行われたことを知りました。
オランダで「MX-30」のお披露目会が行われていた模様
このお披露目会について、どのような会だったのかわかる写真が上記販売店のFacebookアカウントに公開されています。

MX-30の説明をしているのは、日本人女性でしょうか?
だとすると、開発主査の竹内氏かもしれません。
開発主査が直々に説明をしているとなると、けっこう大規模なイベントだったんですねぇ。
羨ましい。
欧州が一番販売時期が近いので、これからさらにイベントが行われるので楽しみですねぇ。

以上です。
海外では色々とイベントが行われていたり、マツダの100周年を祝っていたりと楽しそうです。
日本でも何かあるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました