スポンサーリンク

新世代エンジン「SKYACTIV-X」は11月中頃には国内投入できる?

マツダ関連

マツダの新時代が幕を開け、新世代エンジン「SKYACTIV-X」が登場しました。

欧州では既に発売されていますが、日本での発売も間近に迫っています。

今回はそんな「SKYACTIV-X」の国内投入時期についてです。

情報元は、「LOVECARS!TV!」です。
東京モーターショー2019での特設ライブ映像に、マツダ副社長の藤原氏を招いてトークショウを行っていました。

こちらをご覧下さい。

動画の26分頃に、藤原副社長が非常に気になる発言をしています。
司会の河口氏がSKYACTIV-Xの発売日延期に関して述べている時に、藤原副社長がかぶせるように以下の発言をしています。

「いやいや、SKYACTIV-Xは11月中頃にはいけます」

公式の発表では「12月」という話だったので、もしかしたら少しだけ発売日が短縮されたのかもしれません。
なんたって、副社長のお言葉ですからねぇ。
SKYACTIV-X納車待ちの人にとっては、少し期待してしまう発言だったのではないでしょうか?
実際のところはどうなるのかわかりません。
効き間違いだと思いますが、SKYACTIV-Xは本当に楽しみです。
なんにせよ無事発売されるのは喜ばしい。

藤原副社長もSKYACTIV-XのMTをお勧めしています。
一体どんな乗り味なのか楽しみです。

また、動画は他にもMX-30や今後のマツダ車などについても語られており、マツダファン必見の内容となっています。

ぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました