スポンサーリンク

ポーランドとオーストリアの「マツダ100周年記念モデル」の装備詳細について

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えました。

それに伴い、ポーランドとオーストリアで100周年を記念するモデルの発売予告が行われていましたが、装備内容などが公開されていました。

前回1:ポーランドにおける2020年モデル「CX-5、MAZDA6、MX-5」の改良内容について(MX-5には100周年記念仕様車も)

前回2:マツダ、オーストリアで「MAZDA3」,「CX-5」,「MX-5」の100周年特別モデルを投入予定

前回、ポーランドとオーストリアで「100周年記念モデル」について、ちらっとニュースリリースで予告がされていました。
それらの装備など詳細が、ひっそりと各国のコンフィグレーターに掲載されています。

ポーランド

画像引用元:Konfigurator samochodu | Mazda

100周年記念モデルの名前は「100」

装備内容は、以下の通り。

  • 穴あきナッパーレザー
  • 17インチBBSアルミホイール
  • サイドミラー(ピアノブラック)
  • RFでは「ツイントーンルーフ(黒)」
  • ALH
  • BOSEサウンドシステム
  • キーレスエントリー

価格は149 900,00 Zł(約419万円)
※為替はGoogleで計算した数値です。

オーストリア

オーストリアでは、3車種用意されています。
しかし、コンフィグレーターに記載があるのは「CX-5」「MX-5(日本名:ロードスター)」のみでした。

CX-5

画像引用元:Mazda | Konfigurator

100周年記念モデルの名前は「EDITION 100」

装備内容は以下の通り。

  • 19インチ軽合金リム(光沢・シルバー)
  • ハーフレザー。ブラック(レザーレット)
  • 360°ビューモニター
  • パーキングセンサー
  • 電動テールゲート
  • ADD
  • オーディオ用ステアリングスイッチ
  • ヘッドライトクリーニング付きLEDライト
  • AFLS
  • LEDデイライト

価格は€ 41 590,00(約494万円)
※為替はGoogleで計算した数値です。

MX-5

画像引用元:Mazda | Konfigurator

100周年記念モデルの名前は「EDITION 100」

装備内容は以下の通り。

  • SCBS、SCBS-R
  • 16インチRAYS合金ホイール
  • 赤のレザーインテリア
  • 運転席および助手席シートヒーター
  • アダクティブLED(ALH)
  • サイドミラー(黒)
  • DAA
  • バックカメラ
  • TSR

価格は€ 35 490,00(約422万円)
※為替はGoogleで計算した数値です。

 

以上です。
両国とも、当該モデルは外装色「ポリメタルグレー」が選択できるようになっていました。
100周年記念モデルというのは、豪華な装備をしたパッケージモデルのようですね。装備のパッケージングに関しては各国で異なる場合が多いので、高いのかお安いのかは詳しく調べていません。また、オーストリアのMAZDA3はどうなるのか気になります。

ただ、こういった100周年記念スペシャルパッケージが、日本でも登場する可能性があるので、それが楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました