スポンサーリンク

東京モーターショー2019に行ってきました。【マツダ ロードスター SILVER TOP見学編】

マツダ関連

2019年10月24日、東京モーターショー2019が開幕しました。

様々なメーカーの新型車や最新技術を体験できる貴重な場なので、さっそく行って参りました。

本日はあいにくの雨模様。
雨がかなりひどいですが、何とか到着。

今年のモーターショーはかなり大規模で一日では回り切れそうにありません。なので、複数日に渡って見学していきます。

今回は「マツダ ロードスター SILVER TOP」見学編です。
さっそくマツダの展示ブースへ行くと奥に展示されていました。

「MAZDA ROADSTER SILVER TOP」です。
参考出展車として展示されていますが、販売を予定してます。
発売時期や価格などはまだ公表できないそうです。
改良内容などについてはこちらをご覧ください。

マツダ、「ROADSTER」に2019年商品改良を実施、特別仕様車「SILVER TOP」を追加

さて、色々と見ていきましょう。
まず、改良の目玉である新帆色「グレー」です。

思ったよりも明るい灰色でした。
薄い鼠色と言っても良いのかもしれません。
なので、かなり明るい印象を受けました。
これはなかなか良いかもしれませんねぇ。
そしてなにより、新追加色「ポリメタルグレーメタリック」との相性が抜群にいいんです。

元々、ロードスターは「艶っぽい」と言いましょうか、とても色気のある曲線美が魅力的でした。
その艶っぽさがポリメタルグレーメタリックでさらに飛躍。
もうヌルヌルのつやつやで双方の魅力を引き出していました。

そして、ロードスターの見どころと言ったら、内装にもボディカラーが使用されているドア部分ですよね。
ここももう、最高です。

ポリメタルグレーメタリックでも美しい。
ポリ系の艶やかな質感と曲線美が織りなす芸術品。
この部分だけでも「所有する歓び」を感じることが出来ます。

そして、改良のもう一つは「ステッチが灰色」です。

ちょっとピントが合っていないのはご愛敬。
今までが赤だったので、かなり落ち着いた印象です。
これはこれで「上品な大人」の乗り物になりましたねぇ。
それとマットも新フォント「Mazda TYPE」になっていました。

かなりお洒落さが上がりました。
フォントつながりで、リアのオーナメント類も一新。
新フォントで統一されました。

ロードスター似合うかな?と思いましたが、ぴったり。
これまた上質な香りを漂わせるようになりました。
今まではカジュアルなスポーツカーというイメージでしたが、今回の改良でスーツを着たイケメンおじさんが乗ってそうなクルマというイメージに変わりました。
マツダの目指す「美しく走る」の一環なのかもしれません。

そして「ホイール」です。

こちらも非常にかっこいい。
ロードスターは本当に良いですねぇ。

おまけにトランクルームです。

ロードスターの荷室って結構奥が深いので色々と入るんですよね。
前に大きな荷物入れたんですが、入りました。
意外と積載量もあるのが嬉しいですよね。

最後に展示スペースには改良ロードスターの写真も展示されています。

室外での黒い窓枠に映り込むポリメタルグレーが美しい。
本当に堪りません。
言葉にできない美しさがそこにはあります。
ロードスターは宝ですね。

以上です。
ポリメタルグレーの追加は非常に素晴らしい。
ロードスターには鮮やかな色合いがもっと欲しいですよね。
いつぞには黄色も出るという噂もありますし、今後に期待したいですね。

次回:東京モーターショー2019に行ってきました。【マツダ新型EV「MX-30」 編】

本日から「東京モーターショー2019特集」ということで、色々と写真撮影してきたものを順次載せていきます。
予定としては以下の通り。

・マツダ「CX-8(2019)商品改良モデル」
・その他ブース

タイトルとURLをコピーしました