スポンサーリンク

マツダの「キーデザイン&セレクティブキーシェル開発」のお話

マツダ関連

マツダの新世代が幕を開けました。

新世代商品では、キーデザインが変更されました。今回は、その開発秘話についてです。

情報元:新世代商品はカギも特別な存在に~キーデザイン&セレクティブキーシェル開発~ | 【MAZDA】マツダ公式ブログ Zoom-Zoom Blog

情報元は、マツダ公式ブログです。
こちらには、マツダの新世代商品から投入された「新しいキーデザイン&セレクティブキーシェル開発」についてが掲載されています。

現在このキーデザインが投入されている車種は以下の通り。
(2020年2月28日現在)

  • MAZDA3
  • CX-30
  • CX-5
  • CX-8
  • ロードスター/ロードスターRF

新世代以外でも徐々に投入が進んでいます。
そんな新しいキーデザインの開発秘話について、個人的に気になった部分が以下の通りです。

  • 検討が行われたのが「2016年半ば」
  • 操作をする機会が少なくなったので、ボタンはサイドへ移動
  • 初期段階では「左右非対称」デザイン
  • 表面は厚い皮を連想させるようなシボを新開発
  • キーホルダーを取り付ける箇所は、金属らしい断面と磨きを入れる
  • セレクティブキーシェルは、実車と同じ3層で塗装されている
  • 塗装は、シボのないキーシェル専用の金型を別に設計

流石、マツダですね。
非常にこだわり抜いています。
MAZDA3の開発ともに検討された新しいキーデザインですが、非常に落ち着いた上質なデザインでとても好きです。ただ、実際に使用してみると、個人的にはボタンが押しづらいなぁと思うことが多々ありました。その理由の一端が情報元には記載されていましたので、少しすっきり。
確かに使用する機会はかなり少なくなりました。
使おうとしなければ使う必要ないですからねぇ。
今では、携帯電話がキー代わりになりそうな勢いなので、今後はこういった方向性に突き進んでいくのかもしれません。

また、セレクティブキーシェルは実車の塗装と同じなのには驚きです。確かに実物をみると非常にきれいに塗装されており、実車との「あれ?違う?」という感じはありませんでした。
ここら辺は、マツダのコダワリを感じます。

マツダは、キーデザインにもこだわりぬきます。
こういった努力が人々の心を鷲掴みにするんですねぇ。
勉強になります。

タイトルとURLをコピーしました