スポンサーリンク

マツダのコネクティッドサービスにおいて「デフォルトデータはイグニッションOFF時毎に送信される」

マツダ全般
スポンサーリンク
- -- ---

マツダの繋がるサービス「コネクティッドサービス」

収集するデータについてを学びます。

情報元:Privacy Connected Services _ Mazda USA

情報元は、マツダUSA公式ページです。
こちらでは、コネクティッドサービスの規約が掲載されているんですけど、その中に個人的に気になることが書いてありました。

  • TCUを搭載したコネクティッド車両は、特定のデフォルトデータ収集及び送信する
  • TCUを無効化し、全てのデフォルトデータの収集を無効にできるのはマツダだけ
  • 車両の販売、譲渡、リースの終了になってもデータ収集が無効になるわけではない
  • デフォルトデータに含まれるのは「運転データ(速度、ステアリング及びブレーキ機能の仕様を含む運転行動データ)」「車両の健康データ(VIN、走行距離、燃料レベル、オイルの測定値、DTC、OBDデータ)」
  • これらデータは「イグニッションOFF時毎に送信される」
  • データ送信を無効にしたい場合は「カスタマーエクスペリエンスセンター」に連絡する必要がある

これは海外の話ですが、興味深いですよね。
コネクティッドサービスは便利な反面、かなりのデータが裏で収集および送信されているようです。これらデータは車両開発に使用されたり、車両修理などに使用されたりとユーザーによってもメリットがあるので必ずしも悪いというわけではありません。

ただ、データはかなり細かい部分まで収集されているということは、顧客の想像している以上にメーカーや販売店は個々の車両の状況についてが分かっていることになります。顧客側も適当なことを言えないですねぇ。