スポンサーリンク

ダイハツ タフトに「ウレタン吸音材」と「吸音粗毛フェルト」を敷いて静音化を試した感想

タフト
スポンサーリンク
- -- ---

ダイハツの軽SUV「タフト」

個人的な知的好奇心で試した静音化の感想です。

前回:ダイハツ タフトの騒音を抑えるために「ウレタン吸音材」を試してみる

前回、ウレタン吸音材をタフトのラゲッジルーム下に敷いてみました。試しに2枚だけ購入したこともあり、隙間だらけで中途半端な状態でした。

なので、隙間を埋めるためにもう1枚「ウレタン吸音材」を購入して敷き詰めました。

3枚目は少しだけ切って形を調整しました。
これでパッと見た感じで隙間はなくなりましたので満足。

ウレタン吸音材を購入する際、隣に「吸音粗毛フェルト」というものも販売されており、ちょっと興味半分で購入してみました。

最初は「ウレタン吸音材」の下に敷こうと思ったんですけど、フェルトは結構厚みがあって収まり切りませんでしたので断念しました。代わりにラゲッジルームの取り外し可能なフタの上へマット代わりに敷いておきました。

吸音材を敷いた感想です。
なんとなくですが、後ろから聴こえてきていた「ゴォー」というロードノイズが小さくなっているように感じました。劇的というわけではないんですけど「あれ?ちょっと静かな気がする?」というぐらいです。これが気のせいなのかはわかりませんけど、敷いただけで効果があるなら儲けもんですよねぇ。

後部座席に乗った時も感じましたが、後ろからけっこう音が入っていたんですよね。それが抑えられているのなら後部座席の居心地も良くなっているのかも。

ただ、その分「エンジンルームから入ってくる音」が気になるようになります。こちらも抑えることができればいいんですけど、こっちは結構面倒くさそうなので辞めておきます。

それと余談ですが、アルミテープを貼ってからハンドリングがスッキリしたような気がします。今までは細かくクイクイと動かしていましたけど、最近はスッと操作してピタッという感じ。これも気のせいかもしれませんけど、そう思えた時点で貼って良かった。

思い込みって意外と便利かもしれません。
これからもお金や手間がかからないカスタマイズを試していきたいと思います。