スポンサーリンク

フランス限定特別仕様車「MX-5 EUNOS EDITION」のカタログが公開されました

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの人気オープンカー「MX-5(日本名:ロードスター)」

フランスで発表された特別限定モデル「EUNOS EDITION」のカタログが公開されています。

情報元:Mazda France | SUV, berline, citadine, électrique, roadster

情報元は、マツダフランスの公式ページです。
こちらページでは、今まで掲載されていなかった2020 MX-5のカタログや価格表がいつのまにか公開されており、その中に「EUNOS EDITION」のカタログも公開されています。

画像引用元:Demander une brochure | Mazda FR

この「EUNOS EDITION」の外装色は、ジェットブラックのみとなっているだけあって表紙の画像が黒を基調としています。
非常にかっこいいですねぇ。

外内装は、1992年に発売されたユーノスロードスターの「S リミテッド」を意識した作りになっています。
ユーノスロードスターの「S リミテッド」はこちら。

画像引用元:MAZDA

黒色のボディカラーに、真っ赤な内装色。
こうしてみると、今回の特別限定モデルは正に「EUNOS EDITION」という名称が相応しいと感じることができます。

また、この「EUNOS EDITION」は110台限定ということで「特別なバッジ」が用意されています。

画像引用元:Demander une brochure | Mazda FR

外内装に1つずつ、シリアルナンバーが記載されているバッジが取り付けられており、さらには木ホルダーと専用のポーチも付属していることがカタログにて確認できました。
これ、30周年記念モデルよりも豪華ですねぇ。
そう考えると、このモデルはフランスにおいての「マツダ100周年モデル」という位置づけなのかもしれません。

搭載エンジンは「SKYACTIV-G 1.5」のみ。
そして、装備構成も非常に豪華となっています。
ALHをはじめとしたi-ACTIVSENSEやApple CarPlay /  AndroidAuto、i-eloopなど殆どすべての装備が搭載されているのが印象的ですねぇ。
価格が高いだけあります。

以上です。
各国で異なるマツダの「100周年記念モデル」
日本では一体どんなモデルが登場するのでしょうか。
これはどんどん期待が高まります。
5月に開催される「MAZDA OPEN DAY」で何か発表があるのかもしれませんねぇ。
これは俄然楽しみになってきました。

タイトルとURLをコピーしました