スポンサーリンク

マツダ100周年特別記念車の「CX-30」は少し特別感がある内装デザインに。

マツダ関連

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

100周年特別記念車が公開され、内装などが他のと比べてもちょっとした特別感がありました。

情報元:MAZDA CX-30|グレード価格 – 100周年特別記念車|マツダ

情報元は、マツダのCX-30紹介ページです。
「グレード価格」に100周年特別記念車が追加されており、内装の画像が掲載されていました。

画像引用元:MAZDA CX-30|グレード価格 – 100周年特別記念車|マツダ

シートは「バーガンディ」、センターコンソールやドアなどには「ホワイト」、そしてダッシュボードの「ブラック」という組み合わせになっています。

この、CX-30の国内仕様に設定のないダッシュボードの「ブラック」が非常に珍しいですねぇ。

また、MAZDA3やロードスターのみだったシートカラー「バーガンディ」もCX-30に登場したということもあって、かなりレアな仕様となりそうです。
ホイールにある赤色のワンポイントも非常にお洒落ですし。

ベース車両が「L Package」なのでそれなりのお値段はしてしまいますが、これは現在CX-30を所有している方でも、乗り換えたくなる特別記念車かもしれません。

本来は5月に開催予定の「オープンデー」でお披露目される予定だったのかもしれないこの記念車、どこかで実物をみれるようになれるといいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました