スポンサーリンク

現行マツダ車を車両本体価格順に並べてみる(2020年4月11日現在)

マツダ関連

MAZDA2の特別仕様車「White Comfort」が登場しました。

今回は、車両価格順に並べた表にこの特別仕様車を追記します。

前回:マツダ創立100周年特別記念車の車両本体価格について色々と表にしてみる。

前回は、マツダの創立100周年特別記念車を加えて車両価格順に並べてみました。

自分が想像していたよりも、特別記念車の価格が高かったですねぇ。
ついに500万円を超えたのには驚きました。

さて、今回はMAZDA2の特別仕様車「White Comfort」です。
シートが清涼感あふれる白色と専用シートとなっており、非常にお洒落なデザインとなっています。
特別仕様車の詳細はこちら。
マツダ、正式にMAZDA2特別仕様車「WhiteComfort」と外装色「ポリメタルグレーメタリック」を追加

そして、追記した表は以下の通り。

「L Package」をベースに、ガソリンエンジン搭載搭載モデルでは77,000円、ディーゼルエンジン搭載モデルでは33,000円の値上げとなっています。

特別仕様車「White Comfort」の気になる順位は以下の通り。

1.5D AWD:147位
1.5D 2WD:159位
1.5G AWD:166位
1.5G 2WD:174位

ディーゼルモデルは、MAZDA3の「20S」やCX-3の「S Package」、ガソリンモデルはCX-30の「20S」やMAZDA3の「15ST」などと同価格帯になっております。ベースが「L Package」で特別仕様車ということもあり、それなりのお値段をしていますねぇ。

これは極めて個人的な感想ですが、どうも新世代商品群と第6世代が一緒にあるとちょっと第6世代のお買い得感というのが薄くなってしまっているような気がします。全てが一新されている新世代商品群のほうが多少グレード落ちてもお買い得感があるような、そんな気がしますねぇ。

MAZDA2もまだまだ現行世代が続くようです。
この後、どんな改良がされていき、価格がどうなるのか気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました