スポンサーリンク

マツダ-トヨタのアラバマ新工場が新型コロナウイルスの影響で、生産開始を2021年後半に延期

マツダ関連

マツダとトヨタが共同出資したアラバマ工場

新型コロナウイルスの影響で、稼働開始時期が延期されてしまったようです。

情報元:Mazda Toyota plant opening delayed due to pandemic

情報元は「WAFF48」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • COVID-19の影響で、アラバマ新工場の開設が遅れる
  • 新工場での生産開始は2021年後半に延期する

新型コロナウィルスの感染拡大の影響が出ています。

こちらの工場では、マツダとトヨタの両社がそれぞれの新型SUVを生産するとされていました。共通のパーツを使用するということもあり、非常に興味深いモデルですねぇ。

ただ、新工場の稼働が遅れるとなると、マツダの新型SUVの登場も遅れるということになるので、非常に大事な北米市場で大きな打撃を受けそうです。

マツダとトヨタの協業ということで、非常に楽しみな新型SUV。
一体どうなるのか、首を長くして待つことにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました