スポンサーリンク

iPhone X(docomo)から機種変更した場合の費用についてを考える。

デジタル

iPhone Xから機種変更したらどうなのか?

少し気になったので調べてみました。

前回:新発売の「iPhone SE 2020」と「iPhone X」を比べてみる。

ついこの間、新型iPhone SEが発表されて色々と調べました。
結果的にiPhone Xを使用し続けることを選択したんですが、iPhone SEを調べている際にドコモオンラインショップにて色々な割引があることを知りました。

端末購入割引

この「端末購入割引」の対象となっているのは、現時点で「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone SE 2020」となっています(iPhone XR,iPhone XSなどは販売終了と表示されていました)

それなりのお値引きされるらしいので、実際に【機種変更】した場合にどれくらいの費用で済むのかを表にまとめてみました。ついでに「下取りプログラム」も行われているそうなので、iPhone X(良品)の下取り額を差し引いた金額も一緒に載せてみます。

下取りプログラム

商品名 記憶容量 本体価格 端末購入割引 端末購入割引
を引いた本体価格
下取り後本体価格
iPhone 11 64GB 76,120 -11,000 65,120 32,120
iPhone 11 128GB 84,040 -11,000 73,040 40,040
iPhone 11 256GB 95,920 -11,000 84,920 51,920
iPhone 11 Pro 64GB 115,720 -11,000 104,720 71,720
iPhone 11 Pro 256GB 131,560 -11,000 120,560 87,560
iPhone 11 Pro 512GB 155,320 -11,000 144,320 111,320
iPhone SE(注1 64GB 57,024 -22,000 35,024 2,024
iPhone SE(注1 128GB 62,568 -22,000 40,568 7,568
iPhone SE(注1 256GB 75,240 -22,000 53,240 20,240

※下取り後本体価格とは、「iPhone X(33,000円)」を引いた価格
※2020年5月8日現在
※金額に間違いがある場合があります
(注1【MNP乗り換え】が条件

iPhone SEのみ、条件がMNPなので注意が必要です。
端末購入割引のみでの機種変更の場合、最安値で6万円となっているのでそれなりに高額ですが、下取りを含めると3万円台となっているのが興味深いですねぇ。ちょっとお高い「iPhone 11 Pro」なんかでも10万円を切る可能性が出てきています。「iPhone SE」の場合は、MNPが条件ですが最安値で2千円となっているので非常にお買い得となっていますねぇ。

さらにオンラインショップの場合は、「事務手数料無料」「2,750円以上で送料無料」となっているので諸費用なども抑えることが可能となっています。今まで店頭で購入していましたが、こういったサービスがあるとオンラインショップで購入してもいいなぁと思えますねぇ。

最近のスマートフォンを非常に高額ですが、少し型落ちになってくると結構な値引きが行われているのがわかりました。面白い。

私はしばらくは買い換えませんけども、検討している人には嬉しいキャンペーンかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました