スポンサーリンク

マツダ新型EV「MX-30」の単色外装を想像する。

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」
「MX」を冠する、マツダの挑戦的な電気自動車です。

今回は、外装が単色カラーの場合について想像してみたいと思います。

情報元:Prenota on line Nuova Mazda MX-30 | MAZDA IT

欧州で、は東京モーターショー2019のプレカンファレンスにて世界初公開後にさっそく先行予約が開始されました。
欧州各国のマツダ公式ページでは専用サイトが公開されています。
イタリアのサイトを見ていると、「MX-30 launch edition」なるものがありました。このローンチエディションの装備内容を見ていると気になるものが。
外装色が「セラミック単色」と書かれています。
確か、オランダでもベースは単色と書いてありました。
今回モーターショーで展示されているのは3色トーンカラーなので、単色の「MX-30」はどんなものか気になります。

まずは元のMX-30の画像です。

先日行ってきたときに撮影した写真です。
次に単色外装を想像してみた画像です。

元画像:MAZDA

今回の編集はかなり適当なのはご愛敬。
パット見のイメージとしてご利用ください。
単色だとこれまた印象ががらりと変わります。
特にフロントデザインがかなりシンプルなので、単色になることでよりシンプルさが強調されてサッパリというかアッサリしているように思えます。
個人的にはトーンカラーの方が好きですねぇ。
特にサイドのシルバー部分は印象を変えるのにかなり重要だったんだなぁと思ったり。
色って難しいですねぇ。
MX-30はボディー色に「ソウルレッドクリスタル」「ポリメタルグレー」が用意されていますが、それらはトーンカラーと組み合わせ?のようです。
なので、単色は「セラミック」のみ。
実物が見たくなってきましたねぇ。

今後、欧州にて展示も行われることでしょう。
楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました