スポンサーリンク

マツダ、6月も引き続き生産調整を実施

マツダ関連

世界中で影響が出ている「新型コロナウイルスの感染拡大」

マツダも3月下旬から行ってきた生産調整を引き続き実施していくようです。

情報元:MAZDA NEWSROOM

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらには「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生産調整について(2020年5月20日時点)」というタイトルのPDFファイルが掲載されています。

詳細は以下の通り。

  • 規制緩和や経済活動の再開に合わせて、マツダの販売店などで制限や条件を設けながら営業を再開
  • 生産量を順次増加させていく
  • 6月の生産は、日本の全工場で休止無し、全日昼勤のみの操業
  • メキシコ工場は6月より再開
  • 6月の生産計画台数の合計は5月と比較して2倍以上
  • ただ、生産調整以前の水準には達していないため、生産調整は引き続き実施

マツダも徐々に営業活動を再開していくようです。
欧州各国では販売店なども再開しており、それに伴うセールなどを開催して販売台数を復活させていく取り組みをおこなっています。また、北米ではメキシコ工場も6月から再開ということで、これから本格的な活動が見込まれます。ただ、しばらくは「在庫」を如何にさばいていくかが焦点となっているようなので、まだまだ完全復活とはいかないのがもどかしいですねぇ。

生産調整に関しては、6月も引き続き行っていくそうです。
しばらくは先の見通せない状況が続くので仕方ありません。
今は如何に雇用と下請け会社を守っていくか、ですね。

マツダには耐え忍び、そしていつかこの問題が終息した時には今までのような快進撃を見せてもらいたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました