スポンサーリンク

Appleが「iOS 13.5」を正式リリース開始、マスク着用時にFace IDのロック解除を素早く行うことが可能に

デジタル

本日、Appleは「iOS 13.5」を正式にリリースしました。

情報元は「iPhone本体の設定内にあるソフトウェアアップデート」です。

今回のアップデートで追加された内容は以下の通り。

  • マスク着用時にFaceID搭載デバイスでのロック解除が変更、ロック画面を解除する際に自動的にパスコード入力欄が表示
  • グループ FaceTime通話でビデオタイルのサイズ変更されないように、自動的に調整する機能を追加
  • 公的機関から提供される新型コロナウイルス感染症接触追跡アプリに対応する接触通知APIが導入
  • バグ修正等

今回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する内容の更新が主なようですね。個人的には「マスク着用時のFace ID省略」は非常にありがたいと思っています。

実際の使用感についてです。
マスクを着用した状態でiPhoneの画面をON、画面下を上へとスワイプするとすぐにパスコード入力画面が表示されて入力することが可能になりました。以前まではマスク着用時は画面に「Face ID」と表示され、認証が終わるまでは操作できませんでした。
これは地味に便利ですねぇ。
ただ、個人的には画面がONになった時点でマスク着用を判断して何もせずともパスコード入力画面が表示されると思っていたので少し残念。そこまで高度な認識は現状の機種ではできないのかもしれませんねぇ。

それと余談ですが、「COVID-19」というのは病名なんですね。
最近報じられている新型コロナウイルスの正式名称は「SARS-Cov-2」なんだとか。
一般社団法人 諏訪市医師会|TOPICS|

タイトルとURLをコピーしました