スポンサーリンク

マツダ、日本では年内に「MX-30 ガソリンエンジン搭載モデル」の先行発売を計画

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本では年内に「ガソリンエンジン搭載モデル」の販売が検討されているようです。

情報元:マツダEVのMX―30、国内はガソリンエンジン車を先行発売 年内計画 | 地方経済 | 中国新聞デジタル

情報元は「中國新聞デジタル」です。
詳細は以下の通り。

  • 日本では年内にガソリンエンジン搭載モデルの発売を計画
  • EVよりも安く出して販売の下支えする狙い
  • マツダは今年、全面改良の計画はなし
  • EVの電池は調達コストが高い
  • EVも併売を検討

MX-30にガソリンエンジン搭載モデルの計画が出てきました。
まだ「予定」ではなく、今後変更される場合がある可能性はあので、注意が必要です。

それにしても、ローたりーエクステンダーEV版よりも先に「ガソリンエンジン搭載モデル」が登場するのは意外でしたねぇ。以前、MAZDA3のSKYACTIV-Xを試乗した時に販売店の方に「MX-30 」が国内で登場することは聴いていましたが、その時は「EV版」のような話しぶりだったので、予定が変更されたのかもしれません。

MAZDA3(SKYACTIV-X搭載)を試乗させて頂きました。

そして、今年は全面改良はなしということで、代わりに「MX-30 ガソリンエンジン搭載モデル」が計画されたんですねぇ。他には100周年特別記念車に集中したいという思惑もあるのかもしれません。

この話が今後どうなるかはわかりませんが、年末を楽しみにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました