スポンサーリンク

フランスの「2020 CX-3」では、MTのみ気筒休止システムを搭載

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

フランスでは「気筒休止システム」が搭載されるようです。

情報元:Mazda France | SUV, berline, citadine, électrique, roadster

情報元は、マツダフランスの公式ページです。
こちらには「2020 CX-3」らしきモデルが載っているカタログが公開されていました。

フランスのCX-3には「ELEGANCE」「DYNAMIQUE」「SELECTION」「EXCLUSIVE EDITION」という4つのグレードが存在しており、カタログの「ELEGANCE」装備紹介欄に気筒休止についてが書かれていました。

画像引用元:Téléchargez une brochure Mazda

「Système de désactivation des cylindres」を日本語に訳すと「気筒休止システム」、そして「uniquement sur BVM」というのは「BVMのみ」と意味になります。

BVMとは、左下に書かれている通り「MT車」を意味しています。

それとこちらは「GVC」でした。

ということで、フランスでは「気筒休止(MTのみ)」という設定になっていることが確認できました。ただ、ポリメタルグレーなどの新要素がなく単純に環境基準に適用するための対応のような処置という印象を受けます。

オランダでは年末に投入という話もあったので、もしかしたら年末に日本と同じような改良が施されるのかもしれませんが、正直よくわかりません。

欧州って複雑。

タイトルとURLをコピーしました