スポンサーリンク

マツダ100周年記念モデルカー全40種類について

マツダ関連

2020年、マツダは創立100周年を迎えました。

それを記念して全40種類のモデルカーが発売される予定ですが。その40種類についてです。

情報元:マツダオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」 | 大阪・関西でマツダ車のご用命は大阪マツダ販売株式会社へ

情報元は「大阪マツダ販売」さんです。
何気なくマツダ記念グッズの説明を読んでいるとモデルカーは「全40種類が発売される」と記載されており、どの車種なのかと疑問に思っていたら、すぐ下に答えがありました。

画像引用元:MAZDA

この画像には38種類のモデルが掲載されています。
それらに「RX-VISION」と「VISION COUPE」を加えるとちょうど40種類になるので、これらが今後モデルカー化されて発売されるようですねぇ。

最近の魂動世代では「CX-5(KE)」「アテンザ」「ロードスター(ND)」「MAZDA3」「CX-30」があります。

個人的に一番興味があるのは「デミオ」です。
写真では外板色「スピリティッドグリーンメタリック」のデミオが掲載されており、このままの形でモデルカー化するのなら非常に興味があります。このカラーとこのデザイン、今でもとてもすてきだと思っているのでこれは期待したいところですねぇ。確かデザインを担当したのも「前田育男」氏でした。
【マツダ デミオ 新型発表】「緑のデミオ」を目指す | レスポンス(Response.jp)

マツダとしても思い入れがあるモデルですので、モデルカーされるのかもしれません。

順次投入されていくということで、発表が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました