スポンサーリンク

マツダオーストラリア「レンジエクステンダー版MX-30はしばらくの間利用できない」

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

オーストラリアでは「レンジエクステンダー版」の投入が期待されていますが、どうやらしばらくの間は期待できないのかもしれません。

情報元:New Mazda MX-30 2021: Would a full EV or a range-extender be more sensible in Australia? – Car News | CarsGuide

情報元は「carsguide」です。
こちらには、マツダオーストラリアのマーケティングのボスであるAlastair Doak氏にMX-30に関しての質問をしています。

書かれている内容は以下の通り。

  • MX-30の投入時期に関しては今年半ばに決定する予定だったが、コロナの影響で数か月遅れが出ている
  • レンジエクステンダー版はしばらくの間は利用できない
  • シドニーやメルボルンなどは「EV」が向いている
  • オーストラリアはEV充電施設などが不足しているので「EVにとって挑戦的な市場となる」

どうやらオーストラリアでは、レンジエクステンダー版はしばらくの間は利用することはできないようですねぇ。

日本でもEVモデルはリース販売ということで、実際には「マイルドハイブリッド版」が投入されることが決定されています。
マツダ、国内向け「MX-30(ハイブリッドモデル)」を今秋導入することを発表

もしかしたらオーストラリアでも日本と同様に「マイルドハイブリッド版」が投入されるのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました