スポンサーリンク

マツダ、国内向け「MX-30(ハイブリッドモデル)」を今秋導入することを発表

マツダ関連

本日、マツダは「MX-30」のハイブリッドモデルを今秋国内に導入することを発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「MAZDA MX-30」を今秋国内に導入|ニュースリリース

情報元は、マツダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 「MX-30」を今秋国内に導入予定
  • 新たなラインナップとして「SKYACTIV-G 2.0」にマツダ独自のマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid」を搭載したモデルを追加
  • その名も「e-SKYACTIV G」
  • EVモデルは今年度中に「リース販売」を開始予定

ついに国内向けモデルが発表されました。
意外なことに「ハイブリッドモデル」を投入しましたねぇ。最近ではEV用のバッテリーを仕入れるのが困難というニュースをよく聞くので、EVモデルはリース用として少数ながらも導入はする予定のようで安心しました。

e-SKYACTIV Gモデルは欧州で導入されているMAZDA3やCX-30のハイブリッドモデルと同じようですが、実際にどのような違いがあるのか気になるところです。

ニュースリリースで掲載されている画像には、右ハンドル車となっており、シフトレバーに関してもガソリンエンジンモデル仕様となっているのが確認できました。

画像引用元:MAZDA

よく見ると、SPORTモード切替用のつまみが確認できます。PレンジはEVと同じ方式のようですねぇ。

そして、幕張メッセで開催されている「オートモービルカウンシル 2020」では、はやくも国内向け「MX-30(ハイブリッドモデル)」が展示されています。

写真を撮ってきたので、別記事に掲載しました。
日本国内向け「MX-30(ハイブリッドモデル)」を見学してきました。

タイトルとURLをコピーしました