スポンサーリンク

2021年以降も「MAZDA2」と「MAZDA6」は存続する

マツダ関連

マツダのコンパクト&フラグシップモデル「MAZDA2 & MAZDA6」

オーストラリアでは、2021年以降も両モデルを存続させていくそうです。

情報元:New Mazda 2 city car, Mazda 6 sedan and wagon to survive beyond 2021 – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらには、オーストラリア市場での「MAZDA2」と「MAZDA6」の2021年以降について、マツダオーストラリアのDoak氏に質問しています。

内容は以下の通り

  • Doak氏曰く「今後数年間はラインナップが減るということは考えていない」
  • 2021年以降もMAZDA2は存続するだろう(MAZDA2は予想以上に売れている)
  • MAZDA6も存続するのかについて「もちろん」
  • ワゴンモデルも生き残ると思う

オーストラリアのメディアは非常に的確な質問をし、それに対してマツダオーストラリアもちゃんと答えてくれているので、非常に興味深いですねぇ。

2021年以降も「MAZDA2」と「MAZDA6」は引き続き、ラインナップの一員として活躍していく予定であるそうです。

個人的には両モデルはなくならないで欲しいですが、少し心配なのが「MAZDA6」です。現在はSUVブームということもあり、この手のクラスはどのメーカーも非常に苦戦している印象を受けますので、どんなに頑張っても時代の流れで消えてしまう可能性もあるのかもしれません。

ただ、マツダには「VISION COUPE」があります。
これが実現できれば、SUVブーム終焉後の新たなブームの火付け役となれるかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました