スポンサーリンク

MAZDA3とCX-30の「GPSアンテナ」について

マツダ関連

マツダの新世代商品商品「MAZDA3」と「CXー30」

今回は、それらに使用されている「GPSアンテナ」についてです。

情報元:https://www.cx30-forum.de/attachment/1952-r04720r04720-mazda3-bp-und-cx-30-dm-mit-tcu-falsche-anzeige-der-fahrzeugposition/(直PDF注意)

情報元は、ドイツのCX-30フォーラムです。
こちらには、MAZDA3とCX-30のGPSに関するTSBが掲載されていました。

▼題名
MAZDA3(BP)とCX-30(DM)において、TCU-GPUでの車両位置の誤った表示

▼解説
警告灯が点灯し、メーターパネルに「車載ネットワークの不具合」という警告が表示されたりする場合がある

▼原因
干渉信号がGPS信号の受信に影響を与え、車両位置が正しく表示されなかったり、エラーコードが記録されたりする

▼対策
GPSアンテナを改良

▼対象車両
MAZDA3(BP)
CX-30(DM)
製造日などは情報元参照

どうやらMAZDA3とCX-30の一部車両に関して、GPSが正しい自車位置を把握できない場合があるという報告があるようですねぇ。ただ、個人的に興味を持ったのはこれではなく、TSBの最後に掲載されているGPSアンテナの画像です。

こちらには「MITSUMI ELECTRIC CO.,LTD Made in Thailand」と記載されていました。新世代商品群のGPSアンテナはミツミ電機製だったんですねぇ。

第6世代では自車位置に関しては色々問題があったのですが。こういった問題の解決はなかなか難しいようですが、こうやって地道に改善されているようですので、勉強になります。

タイトルとURLをコピーしました