スポンサーリンク

「MX-30」の新しい”パッケージ”という選択肢

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

グレードが廃止され、新しく「パッケージ」という概念で車両の装備を選択することが出来るようになりました。

情報元:マツダ オフィシャルウェブサイト

情報元は、マツダ公式ページです。
こちらでは「MX-30」のカタログが公開されていました。

画像引用元:マツダ オフィシャルウェブサイト

まず基本となるのが「MX-30(BASIC)」です。
このモデルを基本として様々なパッケージを選択していきます。しかし、他のパッケージを選択するには必ず「ベーシックパッケージ(¥77,000)」を選択しなければなりません。

各パッケージの詳細は以下の通り。

画像引用元:マツダ オフィシャルウェブサイト

これらを自由に組み合わせることができます。
今までは「この機能いらないんだけどなぁ」と思うことが多かった方でも、これならば自分に必要な機能などを比較的自由に選べることが可能になりました。

また、「MAZDAプレート」に関しては「Exterior パッケージ」に含まれているそうなので、これにこだわりがある方は必ず選択したいパッケージですねぇ。

ちなみに、この「MAZDAプレート」が非搭載の実車はこちら
MX-30の「MAZDA プレート」非搭載車の動画

そして、ボディカラーも様々な種類が用意されています。

画像引用元:マツダ オフィシャルウェブサイト

3トーンと1トーンが用意されています。
基本のボディカラーは以下の通り。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ポリメタルグレーメタリック
  • セラミックメタリック
  • ジェットブラックマイカ
  • マシーングレープレミアムメタリック

内装色も「ブラウン」「ホワイト」「ブラック」の3種類が用意されており、最近のマツダ車にしては色とりどりなカラーを選ぶことが可能となっています。

以上です。
マツダの挑戦的なモデル「MX-30」
これからは色々な販売モデルに挑戦していくようです。この「パッケージ」製は、もしかするとラージ群の販売方法の試験的運用なのではないかと勘繰ってしまいます。

どうなるのかはわかりませんが、これからが楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました