スポンサーリンク

星空を求めて、長野県 霧ヶ峰へ

旅行

夜空いっぱいの星空を撮影したい

そんな思いで「長野県 霧ヶ峰」へ行って参りました。

写真撮影について学んでいくうえで欠かせないのが「星空撮影」です。

今までは都市部の夜景などを撮影してきましたが、星空というのは撮影したことがありませんでした。カメラの性能についてを学ぶためにもいい機会だと思いましたので、私にとって特別な地である「長野県 霧ヶ峰」に行って参りました。初めての本格的な星空撮影は「霧ヶ峰」って決めてたんですよね。

今回利用したレンタカーはこちら。

「TOYOTA YARIS HV」です。
前回の「COROLLA」に続いて2回目のトヨタ車となりました。以前から気になっていた車種でもありますし、マツダにもOEM提供(欧州のみ)されるということで一度乗ってみたかったんですよね。

車両のレビューこちら。
「TOYOTA ヤリス」を乗ってみての感想

さて、本題についてです。
ヤリスを借りて、いざ中央道をひたすら走ります。
コロナ禍の影響なのか、休日にもかからわず渋滞などはそこまでありませんでした。

サクッと諏訪に到着。
毎年諏訪に行っておりますが、必ず「諏訪大社 秋宮」にご挨拶はしているので、とりあえずお参りをしておきましょう。

境内では、とても鮮やかな紅葉を見ることが出来ました。
もうこんな季節になっていたんですねぇ。毎年紅葉を見ていますが、何回見ても飽きることはない美しさがあります。

きっちりお参りを済ませて「諏訪湖」へ移動。
近場で夜ご飯を済ませて外に出てみると辺りは日が沈んでいました。今回の旅では諏訪には夕方に到着していたので、ちょっと新鮮な気分です。
いつもは朝→昼→帰宅でしたからねぇ。

「片倉館」と「諏訪湖」を撮影してみます。

夜の諏訪湖周辺は暗いですねぇ。
そのおかげでライトアップされている建物が美しく見えました。今回も片倉館の温泉に入りたかったんですけど、時間的に余裕がなかったのが残念。今度来た時には入りたいと思います。

夜も深まりとても良い時間帯になったので、霧ヶ峰へ向かいたいと思います。

諏訪湖から車で約40分ほど。
途中の山道はほとんど街灯もなく、真っ暗闇を進むことになるのでかなりの注意が必要です。野生動物(鹿、タヌキなど)が普通に道路を横切ったりするのもなかなかデンジャラスでした。

ひたすら登っていき、目的地の「霧ヶ峰富士見台」に到着。

こちらから茅野市を眺めることが出来ました。
とても綺麗。
でも、ものすごく寒いんです。
この日は気温も低く、さらに非常に風が強く吹いており、結構厚着して行ったんですが、それでも震えが止まらないほどの寒さが襲ってきました。

空の状態は雲が多いんですが、一応は星空を眺めることが出来ました。こんなきれいな星空を眺めたのは本当に久しぶりです。夜空にはこんなに星が沢山瞬いていたのには感動してしまいますねぇ。

さて、目的の撮影に入ります。
震えながらも三脚を用意して星空撮影の準備完了。

難しい…!!!
ISO感度を調整しつつ、色々なシャッタースピードを試したんですが、これがまたどれをやってもうまくいきませんでした。風が強いので雲が動いてしまって全体的にもやっとしてしまたっり、ノイズがひど過ぎてダメだったり…。

こんなにも星空撮影って難しかったとは。
空単体の他にも、山や街などを利用しても撮影してみました。

こちらも難しい。
本当はもっと星が満天なんですよ。
その迫力を収めたかったんですけど、私の実力では無理でした。

星にピントを合わせたいんですけど、ファインダーをのぞく際には星が見えなかったりするのでISO感度上げたりしてもなかなか難しい。

これはもうちょっと研究が必要だと感じました。
色々と試したかったんですけど、雲が多くなってきて星々が見えなくなってしまったので、あえなく退散することに。

次はもうちょっと色々と設定を吟味してから挑みたいと思います。

諏訪へ戻り、ホテルで一泊。
疲れていたのか、一瞬で眠りについてしまいました。

翌朝、諏訪湖を散歩しました。

朝の諏訪湖は本当に気持ちがいい。
このような風景を毎日見ることが出来るのは本当に羨ましい。それと、長野県って空気が美味しいですよね。私が住んでいるところとは全く違うと吸うたびに感じることが出来ます。

せっかくなので、超望遠レンズ「SEL200600G」を使用してみました。

このレンズ、本当に素晴らしい。
超望遠でありながらもこれだけの高精細な写真を撮影できるのは画期的です。大きさが少々ネックではありますが、それさえ気にならなければ常に持ち歩きたいレンズです。

散歩も終わったので帰宅します。
いつもの恒例行事「談合坂SAで信玄餅ソフトを食べる」をしようと思ったんです、まさかの営業時間がお昼からということで泣く泣く諦めました。

楽しみにしていただけにショックが大きかったです。

以上です。
今回の旅は非常にサッパリとした旅でした。
それでも写真撮影について非常に多くを学ぶことが出来たのは非常に大きな成果だと思います。今後に生かすべく、もう少し研究していきたいと思います。

【今回の費用】

レンタカー代:14,905円
ガソリン代:2,021円
宿泊代:3,933円
高速代:8,980円
食費など:4,115円

合計:33,954円

タイトルとURLをコピーしました