スポンサーリンク

MAZDA2に「SKYACTIV-X」が投入されると価格がどうなるかを考える

マツダ関連

マツダのコンパクトカー「MAZDA2」

もし、SKYACTIV-Xが投入された場合、価格帯はどうなるかを考えます。

前回:2021年に「MAZDA2」が第7世代に移行するのか否か

前回、2021年にMAZDA2が新世代(第7世代)に移行するかどうかについてを妄想してみました。節々に新世代への布石が敷かれているような気がしましたねぇ。

そこで、もし仮に新世代へ移行し、さらにマツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」が投入された場合に価格はどうなるのかについてを適当に妄想してみたいと思います。

MAZDA3の「SKYACTIV-X」は、SKYACTIV-G 2.0搭載モデルに対して「+約68万円」という価格になっているので、単純に考えてみることにしました。MAZDA2のSKYACTIV-G 1.5搭載モデルに対して「+68万円」してみました。

さっそく結果がこちら。

こちらは全て2WD(AT)モデルのみとなっており、MAZDA2 15C 15MBなどについては記載しておりません。

価格は225万~277万円(100周年記念モデル除く)となりました。この価格は、SKYACTIV-D 1.5搭載モデルよりも高額となり、ほぼMAZDA3 (20S)と同価格帯にになってくる結果となりました。コンパクトカーというジャンルで考えると、かなり高額な印象がありますねぇ。

ただ正直、MAZDA2にSKYACTIV-X 2.0が搭載されるとは思っていません。搭載するとすれば、1.5L版が搭載されるでしょうし、装備内容もMAZDA3のように豪華装備にはならないような気がします。ただ、現時点では何もわからない状況なので、そのままプラス68万円にしました。

なので、実際にはもう少し+金額は抑えられそうな気がするのですが、価格帯が200万円になることは変わりなさそうな気がしますねぇ。

価格だけ考えると割高感があります。
さらに、SKYACTIV-Xはまだまだ進化していく真っ最中です。仮にMAZDA2に搭載されるとなると一気に普及しそうな気がしますので、マツダとしてもリコールなどが対応しきれるのか不安に思う所があるのかもしれません。

実際問題、MAZDA2に搭載されるのでしょうかねぇ?
今年秋に新世代移行が囁かれていますが、正式発表が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました