スポンサーリンク

欧州仕様CX-30(e-SKYACTIV X搭載モデル)の実車を映した動画

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

e-SKYACTIV Xを搭載したモデルの実車を確認してみます。

情報元はYoutubeです。
ルクセンブルグから動画が投稿されていました。

動画は約1分と短いですが、2021年モデルのCX-30の全体を確認することが出来ました。リアには「e-SKYACTIV X」バッジが搭載されており、さらに個人的に気になっていたサイドの「SKYACTIV-X」バッジは確認できませんでした。

やっぱり欧州仕様のSKYACTIV-X搭載モデルには以下のバッジは採用されていないみたいですねぇ。

画像:MAZDA

このバッジは国内専用なのかもしれません。
そうなると、SKYACTIV-X搭載モデルに対しての区別が必要という声が多かったのは「日本だけ」なのかもしれませんねぇ。実際のところどうなのかはわかりませんが、一応欧州の2021年モデルも「SKYACTIV-X spirit 1.1」相当の改良を受けているはずなので、今後採用されるのかもしれません。

マツダは結構こういった細かい部分を各市場で分けますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました