スポンサーリンク

「2021 CX-5(北米仕様)」の新世代マツダコネクトをよく見てみる

マツダ全般

2021 CX-5に搭載された「新世代マツダコネクト」

北米仕様についてを学んでみたいと思います。

情報元はYoutubeです。
アメリカのマツダ車販売店さんが2021年モデルCX-5に搭載されている新世代マツダコネクト(マツダコネクト2)を解説している動画を公開しています。

この10.25インチセンターディスプレイは何度も見ていますが、それでも本当に大きく感じます。たまに初代モデルの「7インチ」を見ると、あまりの小ささに驚くこともあるほどです。

さて、本題です。
基本的には第7世代のMAZDA3やCX-30などと同じシステムが搭載されていますが、しっかりとCX-5にローカライズされています。

画像引用元:2021 Mazda CX-5 Infotainment | IN DEPTH LOOK of 10.25” System & CarPlay Explained – YouTube

気筒休止を確認できる画面でもちゃんとCX-5になっているのが良いですよね。こういった細かい部分もちゃんとこだわってくれるところが素敵です。

それと海外仕様のみに搭載されている天気予報の画面なども確認できました。

画像引用元:2021 Mazda CX-5 Infotainment | IN DEPTH LOOK of 10.25” System & CarPlay Explained – YouTube

最近はスマートフォンなどで気軽に確認することが出来ますので、こういった機能が必須というわけではなくなってきました。車載システムもその内音声だけで様々な情報が確認できるようになっていくんですかねぇ。

ちなみに、第6世代搭載型新世代マツダコネクトではいくつかの機能が省略されています。
CX-5/CX-8に搭載された新世代マツダコネクトは「デジタルオーナーズマニュアルやHDMI入力端子」などが装備されていない

上記の機能は省略されていますが、必要十分な機能が搭載されており、これが第6世代でも利用可能になったというのは本当に大きいです。第6世代での致命的な問題のひとつだった「マツダコネクト」の改良は商品力の向上に大きく貢献します。

そういえば、まだ8.8インチバージョンは見たことありません。
どんな感じになるのかちょっとだけ気になっています。

タイトルとURLをコピーしました