スポンサーリンク

マツダ中国が2021年1月の販売台数を発表、MAZDA3 SEDANが好調

マツダ全般
スポンサーリンク

2021年2月5日、中国マツダが2021年1月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | 马自达2021年1月中国市场销量约2.1万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2021年1月におけるマツダブランドの販売実績が公開されています。

2021年1月の販売台数は「20,634台」

一汽マツダ 6,239台
長安マツダ 14,395台

[主要モデルの2021年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2021年
1月~12月
MAZDA6 2,935
CX-4 3,304
MAZDA3 9,693
CX-5

中国での1月の販売実績は「20,634台」となっています。
2021年になってからはCX-5の販売台数が表記されなくなり、代わりにMAZDA6の販売台数が表示されるようになりました。そしてCX-30の台数は相変わらず表記されていません。ここら辺は謎のままですねぇ。

数字に関しては「MAZDA3」が非常に好調です。
他のモデルよりも圧倒的な台数を記録しているので、中国におけるセダン人気というのは本物だということが再確認できました。

マツダは北米市場に次いで中国市場でも好調を維持しています。今後は中国市場は非常に重要となってくるので、今後の展開が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました