スポンサーリンク

Apple Music がロスレスオーディオに対応、6月からで追加料金なし

デジタル
スポンサーリンク

Appleの音楽配信サービス「Apple Music」

ついにロスレスオーディオに対応することが発表されました。

情報元:Apple Music、ロスレスオーディオ対応。追加料金なしで6月から – AV Watch

情報元は「AV Watch」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • Apple Music がロスレスオーディオや空間オーディオ(Spatial Audio)、Dolby Atmos対応
  • 6月からApple Music利用者を対象に追加料金なし
  • ロスレスオーディオは、7,500万曲以上の楽曲が対応、フォーマットはALAC
  • 44.1kHz/16bitのCD品質から最大48KHz/24bitまで
  • Appleデバイスでそのまま再生可能
  • ロスレスオーディオは、Apple Musicの「設定」→「ミュージック」→「オーディオの質」をONにする必要がある

Apple Musicもロスレスオーディオに対応しました。アーティストがスタジオで録音したそのままの品質が聴けるということで、音質に拘る方にはうってつけのサービスのようです。

ただし、ロスレスオーディオ対応に関しては「AirPods」や「AirPods Pro」 「AirPods Max」では完全な音質で聴くことができないという話がありました。

AirPods Max don’t support Apple Music’s lossless songs, Apple says | iMore

上記記事によると、AppleがT3に対して「AirPodsやAirPods Pro、AirPods Maxには対応していない」と発言しており、ロスレスオーディオを完全な音質で聴くには有線接続をしなければいけないというのがなかなかきついですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました