スポンサーリンク

オーストラリアの2022 MAZDA3/CX-30には「Black Tone Edition似」&「M Hybrid」搭載モデルが登場

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品「MAZDA3/CX-30」

オーストラリアで「Black Tone Edition似」&「M Hybrid」搭載モデルが登場するそうです。

情報元:2022 Mazda 3, CX-30 updated for Australia with new mild-hybrid option | Drive

情報元は「DRIVE」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2022 MAZDA3/CX-30が予約可能になった
  • 両モデルに「SKYACTIV-G 2.0 M Hybrid」を搭載
  • M Hybrid搭載グレード名は「G20e」
  • SPグレードには「黒」を特徴とした装備が追加される

以前の情報から新たなことがわかりました。
こちらによると、オーストラリアの2022年モデルに大きな変化があるようです。SKYACTIV-GにもM Hybridが搭載され、さらに特別モデルに黒を基調とした外内装が用意されています。

画像引用元:MAZDA

これは日本でいう「Black Tone Edition」にとても良く似ていますねぇ。内装もブラックに統一されており、欧州などの海外でのみあった内装色も利用可能になっています。CX-30の赤ステッチがワンポイントでかっこいいです。

もしかしたら、これが日本でも登場するのかもしれませんねぇ。

そうなると以前の噂の信憑性が増してきます。
2021年商品改良MAZDA3/CX-30に「プラチナクォーツメタリック」が追加される?

オーストラリアでは「プラチナクォーツメタリック」が登場していませんが、「Black Tone Edition」のようなグレードか特別仕様車が設定されるのかもしれませんねぇ。

さらにM Hybridも日本で導入されたら面白くなりそうです。

タイトルとURLをコピーしました