スポンサーリンク

2022 CX-5 Newgroundのフロントグリルにある「グリーン」をよくみてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力SUV「CX-5」

欧州でも2022年モデルが公開されましたが、その特別モデル「Newground」をよくみてみます。

前回:2022 CX-5には「リバーシブルのラゲッジルームフロア」が装備される

前回、欧州仕様の2022 CX-5の特別モデルである「Newground」に色々と特徴があることを知りました。そして今回は、フロントグリルに採用されている「グリーン」部分をよく見てみます。

元画像:Mazda CX-5 2022 mit vielen Verbesserungen und neuer Ausstattungsstruktur

フロントグリルにちょこっと「グリーン」を確認することができます。これは「NewGround」専用デザインだそうで、新外装色「ジルコンサンドメタリック」と相まってとてもアクティブな印象になっています。

マツダがこうした「グリーン」を採用するのはかなり久しぶりのように思えます。このグリーンは内装のアクセントにも使用されており、今までの「ただただ上品」というイメージとは一線を画すデザインになりましたねぇ。本当にちょっとしたアクセントですが、こうしてマツダが明るい緑を採用してくれるのは嬉しいですねぇ。

それとこのモデルは従来のCX-5と同じでホイール周りが「黒い樹脂」となっていました。アクティブ仕様なのでこちらが採用されているんだと思いますけど、個人的にはこちらの方がかっこいいなと思ったり。ただ、マツダのデザインは実際に見てみないと分かりません。

早く実車を確認してみたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました