スポンサーリンク

ロードスタに採用されたKPCは「ソフトウェアのみで制御を行う」

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの人気スポーツカー「ロードスター」

新技術「KPC」はソフトウェアのみで制御を行っているそうです。

情報元:マツダ、ロードスターに旋回姿勢制御技術KPCを新搭載。軽さにこだわる「990S」やエレガントで上質な特別仕様車も追加 | ドライバーWeb|クルマ好きの“知りたい”がここに

情報元は「ドライバーWeb」です。
こちらでは、2021年冬商品改良ロードスターに採用された新技術「キネマティックポスチャーコントロール(KINEMATIC POSTURE CONTROL)」について解説しています。

  • KPCはハードウェアに特別な設備を必要としない
  • 既存の操舵核やリアの車輪加速検知システムを基にESCを介してブレーキ制御
  • システムソフトウェアのみで制御を行うことで重量増は皆無
  • ハイグリップタイヤへの交換や、ブレーキ、サスペンションなどをアフターパーツへ交換した際にも影響を及ぼすことはない

KPCは面白い技術ですねぇ。
こちらも「ソフトウェア」のみで制御を行っているそうなので、ハードウェアを追加する必要がないというのが特徴となっています。ロードスターにとっては重量がとても大事なので、重量増がなく、走りがより楽しくなるのは素晴らしい技術ですねぇ。

また、タイヤ交換やブレーキなどをアフターパーツへ交換しても影響を与えることがないというのも凄い。

ロードスターの「マツダスピリットアップグレード」でこういった技術が提供されるようになるとさらに面白そうです。

タイトルとURLをコピーしました