スポンサーリンク

マクロレンズ「SEL30M35」を試しに、ヴェルニー公園へ

日常

写真というのは奥深いもの。
色々と試してみたくなります。
今回は、マクロレンズを試すために横須賀市にある「ヴェルニー公園」へ行ってきました。

前回:より細かい部分を撮るために、マクロレンズ「SEL30M35」を購入

前回、より幅広い写真を撮影するためにと「マクロレンズ」を購入しました。まだ、野外では試していないので、ちょっとヴェルニー公園へ行ってきました。

ヴェルニー公園には春~夏にかけて、様々な花々が咲いているんですが、流石に真冬という事で殆どありませんでした。
唯一咲いている花々を超接写で撮影してみました。

あぁ良いですねぇ。
花弁から何までが細かく表現されています。
こういう寄った写真が欲しかったんです。
ただ、撮影するのはちょっと癖があって難しい。
2枚目の写真は一部ピントが合っていません。
接写しつつ、ピントを合わせつつ、設定を弄るのは、なかなか難易度が高く、これはちょっと練習しないとだめかもしれません。
こういった時、三脚があると楽かもしれません。

他のお花も撮影してみました。

1枚目は花弁をメインに、2枚目はめしべにピントを合わせての撮影をしてみました。かなり近づいて撮影しただけあって、細かい部分までちゃんと映っているのに少し感激しました。
こういった細かい部分の素晴らしさを伝えるにはうってつけのレンズですねぇ。

ちなみに、接写しない通常の形での撮影はこんな感じです。

護衛艦「いずも」と護衛艦「あまぎり」がいますね。
しっかりと撮影することができ、普段使いでも問題なさそうです。
これは意外と便利かもしれません。

それとおまけで、以前撮影した「公衆電話のミニモデル」も改めて撮影してみました。

ミニチュアとは思えない出来ですよね、コレ。
これがガチャガチャ(300円)で手に入るというのは素晴らしい。

まだ、この環境下でどの設定がベストなのかという感覚がつかめていないので、それらは今後使い込んで慣れていきたいと思います。
局所でしか使用しないレンズかと思いましたが、色々と使いどころがありそうで面白いレンズですねぇ。
バシバシ使っていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました