スポンサーリンク

【本日のおやつ】長崎・異人堂「五三焼かすてら」を食す

日常

恒例の【本日のおやつ】シリーズです。

今回は、長崎県にある異人堂さんの「五三焼かすてら」を頂きます。

前回:【本日のおやつ】クリスピー・クリーム・ドーナツの期間限定品を食す

前回は、マイブームのドーナツを食しました。

そして、今回はカステラです。
今でも私は「デパ地下探索」をひっそりと継続しておりまして、たまたま物産展的なことが開催されており、そこに異人堂さんがカステラを販売していました。

異人堂さんといえば、長崎県。
私も旧ブログの時に旅行しました。
とても楽しい時を過ごし、特に食べ物に関しては素晴らしい思い出ばかりでした。そんな中でも「カステラ」は、甘いもの好きの私にはドンピシャでした。

そんな思い出に浸りたいので、即購入です。
お店の人のお勧め品「五三焼かすてら」を購入しました。

五三焼とは、原材料である卵の割合を「卵黄:5、卵白:3」にしていることから名づけられたそうです。また、ザラメ糖をふんだんに使用しながらも、小麦粉が少ない生地を攪拌しながら焼き上げるため、非常に高い技術が必要となるとか。そのため、手間と技術を多用したこのカステラは通常のカステラよりも弾力があり、しっとりしなやかな口当たりがする逸品となっているそうです。

私が購入したのは5切入れです。
お値段は約1500円弱。
通常のカステラの約2倍くらいとちょっとお高めです。それもそのはず、外箱に「木材」が使用されていました。

かなりこだわっています。
この中にカステラが入っていることは想像できません。

外箱を開け、内側の包装を外していくと「五三焼かすてら」が姿を現します。

見るからにふっくらとした感じ、堪りません。
一切れの厚さも充分過ぎるほどで、これは見ただけも満足できてしまいます。

長崎のかすてらの特徴として「ザラメ糖」が使用されているんですが、こちらは裏面にたっぷりと使用されているのがわかります。

このザラメ糖がたまらないんですよ。
食感的にも楽しめますし、それにこの甘さが私を満たしてくれます。こんな大きなザラメ糖を使用してくれるのは流石異人堂さんです。

さっそく食してみたいと思います。

フォークを入れるとちょっとびっくり。
かなりの弾力を感じます。

よく見ると、本当にギッシリとつまった生地。
一口食べると口の中に広がる「しっとりなめらか」な食感とザラメ糖の甘さが私を天国へといざなってくれます。

これなんですよ、おやつに求めているものとは。

疲れた身体を精神的に癒してくれる至高の逸品
これがあるから頑張れるんです。
ありがとう、異人堂さん。

非常においしゅうございました。
久しぶりにちょっと高価なものを食しましたが、やっぱりいいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました