スポンサーリンク

東京オートサロン2020に行ってきました【その他ブース編】

マツダイベント

2020年1月に東京オートサロン2020が開催されました。
今回は「その他ブース編」です。

前回:東京オートサロン2020に行ってきました【マツダブース編】

前回はマツダブースを見て回りました。
今回は、その他ブースを見ていきたいと思います。

日産

スカイラインのカスタムカーが展示されています。
テールランプで一瞬勘違いしてしまいました。
それにしても、緑色の「R」の文字がお洒落ですねぇ。
明るい緑は合う合わないがはっきりしそうな色なんですが、とってもよく似合っています。

HONDA

新型フィットが展示されていました。
コンパクトカーでありながら、最新技術が取り込まれており、とても人気が出そうなクルマですよねぇ。

ダイハツ

個人的にマツダの次に注目しているメーカーです。
最近、気になる車両があるんですよねぇ。
その名も「Rocky」です。
5ナンバーのコンパクトSUVで、価格も非常にリーズナブル。それでいて、搭載されている装備は他社に遜色が無いぐらいの豪華装備が搭載されています。
これ、本当に凄いなぁと思っています。
機能性も充分ですし、デザインもかっこいい。
とても現実的に設計されたモデルですよね。
人気が出そうな気がします

それと、ダイハツブースではスパイダーマンがいました。

SUZUKI

スズキブースはスゴイパンクな雰囲気でした。
DJがキュッキュしてました。
また、コンパニオンの方々が車両の近くでポーズを撮っているのを、たくさんの人々が撮影しており、近づくことが出来ませんでした。
しかたないので、唯一近くに寄れた新型ハスラーを一枚。

トヨタ

GR YARISが初公開されたらしく、すごい人でした。
どうやらとんでもないスペックの車両らしく、会場では「欲しい」という声をよく耳にしました。通常のヤリスよりもデザインがカッコいいですねぇ。

スバル

LEVORG STIモデルが展示されていました。
最近のスバルはソリッド感が薄れてきましたねぇ。
でも、コンセプトモデルに近いデザインになってきました。
かっこいい。

通りすがりのマツダ車達

意外と色々な所にマツダ車のカスタムカーが展示されていました。
レカロブースに展示されていたロードスター、カッコよかったですねぇ。レースしようという事で、デジタルメーターになっていますが、将来的に市販車両もデジタルメーターになるんでしょうかねぇ。

全体的な感想

幕張メッセはとっても広大。
とにかく歩き疲れました。
あまり人混みは好きではないので、全てを回ることができませんでした。それでも、それなりに大手メーカーのブースを見て回りましたが、どこもモータースポーツで盛り上がっている印象でした。
そう考えると、マツダはちょっと趣が違った印象です。
マツダも将来、モータースポーツで盛り上がれると良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました