スポンサーリンク

MX-30の「セラミックメタリック(単色)」をよくみてみる。

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

今回は、欧州で発売される初回限定版の標準色「セラミック三タリック(単色)」をよく見てみたいと思います。

前回:マツダ新型EV「MX-30 初回限定版」の各外装カラーの画像が公開されました。

前回、オランダで「MX-30(初回限定版)」のコンフィグレーターが公開されており、以前から気になっていた「セラミックメタリック(単色)」を確認することが出来ました。
今回は、もう少しよく見てみたいと思います。

画像引用元:Mazda | De nieuwe Mazda MX-30

現在、確認できるのは「側面」「ななめ」「フロント(ななめ)」です。
確かに全体で単色になっていますね。
非常にスッキリとしたデザインとなっています。
サイドピラーのシルバーがあるとないとで、違うクルマのような印象を受けるのが非常に面白いですねぇ。

そういえば昔、少しだけ予想したりもしました。
マツダ新型EV「MX-30」の単色外装を想像する。

意外とそのまんまでしたねぇ。
これはビックリ。
MX-30は発表時に3トーンだったので、今はまだ違和感が少しありますが、慣れてくればこの単色デザインも慣れて「良いわぁ…」と思えると思えます。
今後、通常版が発売されれば他のカラーも登場されることが予想されます。
こちらも色々と試してみました。
マツダ新型EV「MX-30」のカラーバリエーションを試す。

他モデルに採用されているカラーは投入されそうですが、MX-30で新色が登場したら面白そうですねぇ。特にMX-30はポップな感じが似合いそうなので、明るい色系がきたらマツダの新しい領域というのを実感できるのかもしれません。
ただ、マツダは「カラーはデザインの一部」という考えで、非常に慎重になっていると思うので、難しいかもしれませんねぇ。

何はともあれ、MX-30の発売が本格化してきました。
これから楽しみになってきます。

タイトルとURLをコピーしました