スポンサーリンク

広島県産小豆を使用した「もみじ饅頭(こし餡)」を食す。

マツダ関連

マツダ創立100周年記念に発売された「マツダ創立100周年記念BOX」

こちらの商品には、広島県産小豆を使用したもみじ饅頭が入っています。
さっそく、こちらを食べてみたいと思います。

前回:【もみじ饅頭】マツダ創立100周年記念BOXを購入しました。

前回、マツダ×にしき堂さんのコラボ商品「マツダ創立100周年記念BOX」を購入し、嬉しさのあまり、撮影したりと色々楽しませて頂きました。今回は、この記念BOXのメインディッシュでもある「もみじ饅頭(こし餡)」を頂いてみたいと思います。

この「もみじ饅頭(こし餡)」には、にしき堂さん初となる「広島県産小豆」を使用しており、期間限定で記念BOXに同梱されています。
マツダ創立100周年記念BOX もみじ詰合せ|商品情報|にしき堂

それではさっそく、開封してみましょう。

もみじの形をしたお饅頭、それが「もみじ饅頭」です。
もみじは、広島県の県花・県木となっているんですよね。
紅葉したもみじのような色合いと美しい形、そして何より丁度良い大きさ。
お茶菓子として最適です。

この「広島県産小豆」を使用した特別なもみじ饅頭は、外観においては他のものと変わりありません。
ただただ、美味しそうですねぇ。

それでは、さっそく中身を確認してみましょう。

こちらが「広島県産小豆」を使用したこし餡です。
濃厚な小豆色、生地と餡の程よいバランス感により、上品さが伝わってきます。見るだけで、滑らかな舌触りが予想出来てしまいました。
生地もふっくら美味しそう。

もみじ饅頭は、餡だけ良くてもでもダメ、生地だけが良くてもでもダメなんです。両方のバランスが非常に重要で、さらに言うと、大きさとのバランスも大事なんです。
大きすぎず、小さすぎず、食べた後に心地よい「後味」を残してくれる、そんな絶妙なバランス感が重要だと、個人的に勝手に思っています。

撮影を終え、すぐに頂きました。
舌触りの良い、さっぱりとしたこし餡が気分を高揚させてくれました。生地もふっくらで幸せな気持ちにさせてくれる、ちょっと贅沢なもみじ饅頭に仕上がっていますねぇ。
食べた後に「もう一個食べたい」と思わせてくれます。
広島県産小豆、最高です。

広島といったら「お好み焼き」や「レモン」ですが、その中で「広島県産小豆」を使用しているのは、にしき堂さんの「広島愛」を感じますし、100周年記念BOXに同梱したことで「チーム広島」の一体感を感じることが出来ました。
広島って本当に地元愛が強いところなんですねぇ。
すごい。

そんなわけで、美味しくいただいた「もみじ饅頭」
最高のおやつタイムを過ごすことが出来ました。
残りはまだあるので、これからのおやつタイムが楽しみで仕方ありません。

タイトルとURLをコピーしました