スポンサーリンク

2020年発売のマツダ中国市場専用電気自動車は「2020年下半期発売予定」?

マツダ関連

マツダの新世代が幕を開けました。

今回は「2020年の中国市場」に登場するモデルについてです。

情報元:马自达2020年新车规划 国产CX-30等3款新车上市_车企新车规划-网上车市

情報元は「网上车市」です。
こちらには、2020年の中国市場に投入されるモデルについての情報が掲載されています。
中国で2020年に登場するモデルは、以下の通り。

  • MAZDA3 SKYACTIV-X(長安マツダ)
  • CX-30(長安マツダ)
  • 中国市場専用電気自動車(長安マツダ?)

MAZDA3はSKYACTIV-G搭載モデルが2019年に登場していますが、2020年にはマツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X」を搭載、そして、本命である新世代SUV「CX-30」も登場します。
さらに、中国市場専用の純粋な電気自動車も「2020年下半期に正式に発売される予定」と書かれていました。この電気自動車は、既に発表されている「MX-30」ではありません。
マツダ新型EV「MX-30」は中国市場に投入予定はない、「CX-30」は長安マツダが生産。

このモデルは中国専用で設計され、長安マツダが製造すると噂されています。また情報元には、「総合走行距離は国内合弁会社の主流モデルに達する」そうで、MX-30とは少し方向性の違うな電気自動車になりそうですねぇ。
まだまだ、名称など謎が多すぎる中国専用EV。
中身は中国サイドで設計されますが、デザインはマツダが担当します。
一体どんなデザインになるのでしょうか。
発表が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました