スポンサーリンク

Adobe「Photoshop」が生誕30周年を迎え、新機能を追加。

デジタル

写真編集ソフトの定番「Adobe Photoshop」

生誕30周年を迎えて、デスクトップ版とiPad版に新機能がリリースされました。

情報元:30周年を迎えたPhotoshopの新機能:コンテンツに応じた塗りつぶし、トーンカーブ、ぼかし(レンズ)の向上、フォントの自動管理など#Photoshop – Adobe Blog

情報元は「Adobe Blog」です。
こちらによると、2020年2月19日はPhotoshopの誕生日だそうです。それを記念して、デスクトップ版とiPad版にアップデートが入りました。

更新内容は以下の通り

  • コンテンツに応じた塗りつぶしのワークスペース改善(デスクトップ版)
  • 「ぼかし(レンズ)の強化」(デスクトップ版)
  • macOSのダークモードのサポート(デスクトップ版)
  • パフォーマンス強化(デスクトップ版)
  • オブジェクト選択ツール(iPad版)
  • 文字の書式設定(iPad版)

様々な機能が追加されたようです。
私が愛用しているのは「デスクトップ版」なので、一番恩恵があるのは「コンテンツに応じた塗りつぶし」と「ぼかし(レンズ)」、そして「パフォーマンス強化」の3つですね。
特に「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能は、写真を切り抜いた後にそのスペースを周辺の状況に応じて塗りつぶしてくれるという便利機能なので、これは重宝しそうです。

私も愛用している「Photoshop」
まだまだ、ほとんどの機能を使用しておらず。ひたすら勉強の毎日です。ただ、使いこなされば非常に便利でなくてはならないソフトですね。
これからも末永く存在して頂けると嬉しいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました