スポンサーリンク

マツダ、新型コロナウイルスによる影響で「マツダ駅伝大会」を中止へ

マツダ関連

マツダは、防府工場と広島本社で開催が予定されていた「マツダ駅伝大会」の中止を決定しました。

情報元:マツダ、駅伝大会を中止 新型肺炎の感染拡大で | 医療・健康 | くらし | 中国新聞デジタル

情報元は「中國新聞デジタル」です。
こちらによると、2020年2月23日に防府工場で開催される「第27回愛情防府マツダ駅伝大会」と、2020年3月1日に広島本社で開催される「第55回マツダ駅伝大会」の両大会を中止すると決定した、と報じられています。
理由としては、流行している新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとしています。

また、マツダ主催ではありませんが、「東北モーターショー in 仙台 2020」が同じ理由で中止が発表されています。
MOTOR SHOW 2019-2020
こちらは、主催者側の判断での中止です。

このまま新型コロナウイルスの流行が終わりをみせないとなると心配なのは、5月に開催される「MAZDA OPEN DAY」です。現状では、オープンデーの開催も危ぶまれそうな雰囲気になっていました。
今後、どうなっていくのか注視したいですね。

中止が決定した両イベントは、非常に残念ですね。
しかし、こういったのは仕方がありません。
私も昔、公衆衛生に関わる仕事をしていましたので、いかに感染拡大を防ぐかの重要性を理解しているつもりです。
目先の生活のために「経済優先」になりがちになってしまいますが、感染拡大してしまっては全てを失ってしまいます。冷静な判断をしていきたいところですね。

タイトルとURLをコピーしました