スポンサーリンク

【PlayStation 4 Pro】「Horizon Zero Dawn」をクリアした感想(ネタバレあり)

デジタル

オープンワールドPRG「Horizon Zero Dawn」

やっとクリアできたので、感想などを書き記します。

※この記事にはネタバレ要素が含まれます

前回:【PlayStation 4 Pro】「Horizon Zero Dawn」の進捗状況について

前回、のんびりダラダラとプレイしていました。
まだまだ本編は続くのかな?と思っていましたが、意外にもすぐにエンディングを迎えることが出来ました。

クリアした際の主人公「アーロイ」の様子がこちら。

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

嬉しすぎて、サン王とのツーショットを撮ったり…

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

嬉しくって飛び跳ねたり…

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

アーロイさんも喜んでいるようです。

というわけで、クリアしての感想です。
このゲームは、とても美しいグラフィックでのオープンワールドRPGとなっており、とても自由に楽しめました。色々場所をブラブラしたり、気の向くままに機械と闘ったりと自由度が高いのが個人的にはお気に入りのポイントです。

ただ、ラスボスは個別で存在するというわけではなく、今まで戦ってきた機械が複数登場してくる時間制限イベントのような感じとなっており、少し物足りなさを感じました。

ハデスさんと闘えないんですね……
(最後は鳥かごに押し込められてるし可哀そう)

また、ストーリーにおいてもついていくことが難しく、エンディングを迎えた時も正直「???」という感じでした。ゲーム内の手帳や音声データで色々と物語の補足説明をしてくれているんですが、こういったのはムービーなどが欲しかったなぁと思いました。

会話形式なども「skyrim」方式で感情があまり表現されず、日本語への翻訳もかなり違和感のあるものとなっており、キャラそれぞれに感情移入できなかったのも原因の一つかと思います。

このゲームをやって思ったんですが、以前Playした「デス・ストランディング」の出演者の演技の凄さを改めて実感することが出来ました。あの何とも言えない世界観と人間ドラマ、小島監督ってすごい。

感想は以上です。
あーだこーだ言っておりますが、なんだかんだで楽しんでプレイしています。現在は、世界中の山賊退治や遺跡巡りなどを行いつつ、ダウンロードコンテンツの「凍てついた大地」をプレイしています。

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

新しいエリアや敵が出現するということもあり、なかなか面白いそうです。最初からダウンロードコンテンツが付属しているのは嬉しいですねぇ。

というわけで、まだまだ少しずつ楽しんできたいと思います。

またまたお便りを頂きまして、PS4での動画の撮影方法などを教えていただきました。過去15分の動画を保存できることは知りませんでした、ありがとうございます。それらの技術を使って色々と動画などを撮ってみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました