スポンサーリンク

「CX-30(ソウルレッドクリスタル)」と「ROADSTER(ポリメタルグレー)」のモデルカーを購入しました【東京モーターショー2019】

マツダ関連

東京モーターショー2019が開催されました。

そして、2度目となる見学に行ってきました。
そこで先行販売されていたモデルカーを購入しました。

本編:2回目の東京モーターショー2019に行ってきました。【総合編】

2回目となる見学に行ってきました、東京モーターショー2019
またまたあいにくの雨模様でした。
そんなモーターショーでは、マツダもグッズを販売していました。
そこで購入したの2種類です。

MAZDA CX-30(ソウルレッドクリスタル)
MAZDA ROADSTER(ポリメタルグレーメタリック)

両方とも、このモーターショーで「先行発売」しているそうです。
MAZDAも一般販売されましたが、持っているので今回は未購入。
2種類ともなかなかの高額でした。
それでも欲しいのでしかたないですね。

MAZDA CX-30 (ソウルレッドクリスタル)

まずは、マツダの新世代SUV「CX-30」です。
当初は「ポリメタルグレー」のCX-30を購入しようと考えていましたが、ソウルレッドクリスタルしか販売していなかったので、こちらを購入しました。
このCX-30モデルカーも新世代なデザイン外装になっています。

灰色の化粧箱でスッキリとしたデザインです。
これ単体でも飾って置けますね。
そして、さらに新世代らしく「フォント」が新しくなっています。

このフォント、非常に高級感溢れるデザインですよね。
とてもシンプルで美しい。
さて、本体を見ていきましょう。

非常に精巧に出来ています。
シグネチャーウイングもしっかりと造り込まれており、見ていると惚れ惚れしてしまいます。
そして、注目すべきはサイドの「光の移ろい」です。

実車の「S字」の光の移ろいが小さなボディに表現されています。
これは本当に素晴らしい。
モデルカーであっても妥協していません。
動画を撮影してみましたので、ご覧ください。

サイドの「光の移ろい」が動き出すと、ゾクゾクします。
ずっと見ていたくなります。
これは購入して大満足な品物ですねぇ。
ちなみに、内装は「茶色×白レザー」でした。

MAZDA ROADSTER RS(ポリメタルグレーメタリック)

こちらの商品は意外でした。
まさか特別仕様車「SILVER TOP」のモデルカーが販売していたとは。
しかも、ポリメタルグレー(47C)です。

これはもう買うしかないと思い衝動買いです。
かなり高かったですが…。
モデルカーでのポリメタルグレーはどんな感じか気になっていたんですが、思った以上にグレーが強く、それでいてブルーリフレックスに近い色合いでした。

個人的には、ポリメタルグレーの「樹脂感」は表現されていません。
灰色の強い「ブルーリフレックスマイカ」なロードスターにしかみえませんね。
流石にモデルカーでは、あのポリメタル感は難しかったのかもしれません。
これはこれで好きな色合いなんですけども。
細部に渡って造り込まれているんですが、帆部分の色合いがかなり白っぽくかなり印象が違っています。これはもうちょっと色合いを正確に表現してほしかったですねぇ。

以上です。
CX-30は非常に満足感のある出来ばえです。
ロードスターに関しては、ポリメタルに異常に期待していたのでちょっとだけアレ?と思いましたが、おおむね良い感じです。
ソウルレッドクリスタルや30周年記念専用の「レーシングオレンジ」などを購入すれば、満足感が高くなったと思います。

最後に、CX-30とロードスターの写真を載せておきます。

新世代は非常に洗練されています。
それでもロードスターは負けていませんよね。
本当にマツダデザインは素晴らしい。

タイトルとURLをコピーしました