スポンサーリンク

北米の「MAZDA3 TURBO」には、エンジンカバーとリアオーナメントに「TURBO」バッジなどの専用装備が搭載される

マツダ関連

マツダの新世代商品第1弾「MAZDA3」

北米で登場するガソリンターボ搭載モデルには「TURBO」バッジが付属するそうです。

情報元:2021 Mazda3 2.5 Turbo: Refined Performance | Inside Mazda

情報元は、マツダUSAのニュースリリースです。
こちらでは、2021年モデルのMAZDA3に「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載されたというニュースが掲載されています。

このターボ搭載モデルには特徴があるそうです。

  • プッシュボタンスタート周りとグローブボックスのがクロームでコーティング(クロームフィニッシュ)されている
  • リアとエンジンカバーに「TURBO」バッジ
  • 光沢のある黒いフロントグリル
  • 滑らかなフロントロアスポイラー
  • 「2021 Mazda3 2.5 Turbo with Premium Plus Package」には、セダン用のグロスブラックリアリップスポイラー(ハッチバックにはSIGNATURE STYLE)

どうやらターボモデルでも特別感を演出するものが存在するようです。リアオーナメントやエンジンカバーに「TURBO」の文字が搭載されるのはなかなか良いですねぇ。

それと気になるのは「クロームフィニッシュ」されたデザインです。これは恐らくですが、のちに登場する「Carbon Edition」に合わせた仕様になりそうな予感がします。
北米版特別仕様車「Carbon Edition」の詳細について【MAZDA6 SEDANにポリメタルグレーが登場】

ということは、実質的にMAZDA3のCarbon Editionは「ターボモデル」ということになりそうです。実際は、他のモデルもMAZDA3 ターボモデルと合わせる形だと思いますけども。

何にせよ、北米も色々と忙しくなってきました。
Carbon Editionの正式発表が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました